転職サービス
PR

マイナビスカウティングって何?後悔しないためのポイントと注意点を紹介!

yoshi2305
記事内に商品プロモーションを含みます

※マイナビのプロモーションを含みます

無料で会員登録する

「転職エージェントと相性が合うか不安」
「自分で求人を検索しながら、エージェントとも相談したい」
「30代に強いエージェントで転職したい」

マイナビスカウティング30代以上に強い転職エージェントです。

自分で求人の応募もできるし、エージェントを検索して面談から始めるのも可能です!

今回は、マイナビスカウティングの利用者の声をもとに、特徴や利用時の注意点をまとめました。

よし
よし
優柔不断な経理マン
Profile
- 34才でブラック企業から転職
- 1社目は地方勤務で残業続き
- ただ仕事に追われて20代が終了
- 30才過ぎてから転職を決意
- 2社目は転勤なしでホワイト職場
- 残業は月40hr超から10hr未満に
- 簿記2級、米国公認会計士保有

PR
20代向け

マイナビスカウティングの基本情報

求人数*経理系:約980件、うち年収600万円以上:約930件
対象メインは30代以上
料金無料
対応エリア日本全国・海外
概要・大手ならではの圧倒的な求人件数
・求人検索だけでなくエージェントも検索可能
・大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り扱う
こんな人に
オススメ
・30歳以上でキャリアアップを目指したい人
・求人選びに自信がなく、アドバイザーに頼りたい人
・とりあえず転職活動を始めたい人
特徴・求人の量と質が充実している
・転職エージェントを検索し、相談できる
・転職活動のサポートも充実している
注意点・エージェント・求人検索の軸をしっかり決める
・必要なサービスを厳選して情報に溺れない
・受け身にならず積極的にエージェントと関わる
公式HPhttps://scouting.mynavi.jp
求人件数は2024年1月時点

無料で会員登録する

※マイナビのプロモーションを含みます

マイナビスカウティングの口コミは?

マイナビスカウティングの口コミをまとめてみました。

マイナビスカウティングの悪い口コミ

※「マイナビ転職エージェントサーチ」は「マイナビスカウティング」の旧名称です

【悪い口コミ①】メールが大量に届く

【悪い口コミ②】使い方がわかりにくい

マイナビスカウティングの良い口コミ

【良い口コミ①】エージェントを探せる点が他と違う

この転職サイトには数多くの転職エージェントが登録されています。転職エージェントによって「IT業界に強い」「ハイクラス案件だけを取り扱っている」というように特徴が異なりますが、希望する条件で検索するとその条件に合致する転職エージェントが表示されます。

自分に合いそうな転職エージェントに応募して面談を行った後に求人情報が紹介されます

私は2社に応募しました。

いずれもそれまで聞いたことが無いエージェントでしたので少し不安があったのですが、どちらも私の希望する業界の知識が深く、大企業の非公開求人も豊富に取り扱っていました。

そして、1社から紹介された企業に無事転職することができましたので、満足しています。

まず、自分に合う転職エージェントから探すという珍しいアプローチのサイトですが、試してみる価値は十分あると思います。

みん評

【良い口コミ②】独自で優良な求人が多い

20代など、転職希望者が比較的に若い場合は、担当がついて希望職種などのヒアリングをしてもらえます。

しかし求人が紹介してもらえるかどうかは、転職希望者のこれまでのキャリア次第で、他社よりも求人提案にいたる人材に求める条件がハイレベルな気がします。

その分、一般的に避けたくなるような就労条件の求人は少なく、独自の求人や優良で堅実な求人が多い印象です。

キャリアやスキルに自信があり、とりあえず転職という訳ではなく、明確なキャリアアップを目指す方におすすめのエージェントです。

みん評

【良い口コミ③】エージェントのサポートが充実していた

職種の検索がしやすくスッキリと探しやすい画面で転職への希望が湧いてきます。

検索・応募等を自身で全て行うのではなくエージェントがサポートしてくれ、求人票にない情報も案内してくれるため転職が初めてという方でも安心できるのではないでしょうか。

スケジュール管理までエージェントが担当してくれることもあるため、自分だけでじっくり考えたいという場合には向かないかもしれませんが、どんどん転職の話を進めていきたい場合の人には大変ありがたいシステムだと思います。

みん評

口コミから見るマイナビスカウティングの特徴

良い口コミから見えてきたマイナビスカウティングの特徴はこんな感じ。

  • 求人の量と質が充実している
  • 転職エージェントを検索し、相談できる
  • 転職活動のサポートも充実している

求人の量と質が充実している

マイナビスカウティングは、主要都市を中心に年収600万円以上の求人を多数取り扱っています。

大手のマイナビが運営しているので、求人の量はもちろん、ハイクラス向けなど質の高い求人を豊富に取り揃えています

転職エージェントを検索し、相談できる

求人が検索できるだけでなく、転職エージェントを検索して相談をもちかけられる点もマイナビ転職エージェントサーチの大きな特徴です!

たとえば「外資系企業に強い」、「土日祝もOK」、「ハイクラスに強い」などの条件で絞り込めるのもポイント高いです。

検索できるエージェント総数は約1,230件関東エリアで管理・事務職種を得意とするエージェントは450件以上あります。(2023年7月時点)

マイナビが運営するマイナビAgentはコンサルタントは全てマイナビ所属ですが、マイナビ以外の転職エージェントも利用できるのは嬉しいですね!

転職活動のサポートも充実している

マイナビスカウティングに登録されるエージェントは、マイナビによる審査を通過していますので、提供されるサービスも一定以上の品質が期待できます。

担当となるアドバイザーとは、登録後の面談から、求人検索、応募先の選定、選考対策(書類・面接)、面接等の日程調整、内定後の条件交渉まで、転職活動全体を通してサポートしてくれますので、分からないことはどんどん聞いて使い倒しましょう!

あわせて読みたい
働きながら転職は無理?転職活動と仕事の両立策5選
働きながら転職は無理?転職活動と仕事の両立策5選

マイナビスカウティングを利用する際の注意点

悪い口コミから、マイナビスカウティングを利用する際の注意点をまとめました

  • 遠慮せず必要なサポートを求める
  • 必要なサービスを厳選して情報に溺れない
  • エージェント・求人検索の軸をしっかり決める

遠慮せず必要なサポートを求める

エージェントを利用する場合、登録後のアドバイザーとの面談から求人紹介、選考対策(書類・面接)、面接の日程調整、条件交渉など、一通りの転職サポートを実施してくれます。

しかし、場合によっては書類の添削や模擬面接を十分に実施してくれないケースもあるようです。

事情により異なりますが、完成度が高いと判断されているならまだしも、不安が残ったまま選考に進んでは自信を持って挑めないですよね。

少しでも気になることがあれば、遠慮せずアドバイザーに持ちかけてみましょう。

必要なサービスを厳選して情報に溺れない

「怒涛のメールが届く」という口コミがありました。

会員登録すると、メルマガだけでなく、希望マッチの通知、エージェントからの連絡など、様々な連絡が入ることになります。

メールが大量に来て困る場合は、ログイン後のマイページの設定変更画面より「配信停止」設定ができますので、登録後にすぐ設定変更してみましょう。

エージェント・求人検索の軸をしっかり決める

エージェント検索、求人検索の2つの側面から転職活動を進められるマイナビ転職エージェントサーチは便利な反面、あちこちに手を出してしまって収拾がつかなくなってしまうリスクもあります。

スカウトサービスも併用していると様々なスカウトメールも来るので一層混乱してしまいます笑

転職の動機やキャリアの方向性、希望条件がブレないように、検索前に譲れないポイントを絞り、条件に優先順位を決めた上で効率的に活用しましょう!

あわせて読みたい
転職の軸がブレないためにすること4選
転職の軸がブレないためにすること4選

※マイナビのプロモーションを含みます

マイナビスカウティングを使うのにおすすめな人

以上を踏まえ、マイナビスカウティングにおすすめなのはこんな人です!

  • 30歳以上で、キャリアアップを目指したい人
  • 求人選びに自信がなく、アドバイザーと共に活動したい人
  • とりあえず転職活動を始めたい人

マイナビスカウティングは30代の転職に強いです。大手企業から、外資系企業、ベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃え、アドバイザーも多数所属しているところが魅力です。

マイナビ所属のアドバイザーだけでなく、外部のエージェントも検索して相談できる点がポイントが高いです。

取り扱う求人の幅が広いだけでなく、様々な強みを持つエージェントが集まっているからこそ、自分に合った転職活動ができるはずです!

年収600万円以上の求人が多数!

転職サービスは複数登録するのがおすすめ

転職活動するにあたっては、複数の転職サービスを利用するのがおすすめです。

エージェントにより求人の内容が変わったり、異なるコンサルタントからアドバイスを受けられるからです。

あわせて読みたい
MS-Japanは対応遅い?口コミから活用術と注意点を分析してみた
MS-Japanは対応遅い?口コミから活用術と注意点を分析してみた
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
あわせて読みたい
リクナビNEXTの口コミは?評判から活用術と注意点を分析!
リクナビNEXTの口コミは?評判から活用術と注意点を分析!

マイナビスカウティングを利用した転職の流れ

※マイナビのプロモーションを含みます

STEP1:会員に登録する

マイナビスカウティングの公式HPから会員登録をします。

登録する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 連絡先(メールアドレス、電話番号)、現在の居住地
  • 現在の年収
  • 現在の職種と希望の職種
  • 現在の所属企業、現在の職務内容
  • 最終学歴など

現在の職種や職務内容は、スカウトを受ける際に重要な項目なので、できるだけ丁寧に書くようにしましょう!(スカウトサービスは希望する場合のみ)一度メールアドレスによる認証がありますが、10分もあれば登録完了です。

もし、気になる企業が決まっている場合は、登録後すぐに応募可能です!

STEP2:気になるエージェントに面談を申し込む

後ほど、担当のコンサルタントから連絡が入りますので、面談を実施します。

面談で話し合うのは以下のような内容です。

  • 職務経歴の詳細
  • 転職活動の背景
  • 転職の希望タイミング(3ヶ月後・半年後など)
  • 希望条件

履歴書や職務経歴書を準備し、事前にコンサルタントへ提出しておくと面談がより有益になりますよ。

ここで注意したいのは、経歴や転職理由、希望条件は素直に伝えることです。

コンサルタントは僕たちの代わりに応募先との橋渡し役になって応募から入社までサポートしてくれます。

あとになって希望条件を変えたり、伝えていないことがあると信頼関係を失いかねません。

STEP3:求人の紹介を受ける

非公開求人から条件に合いそうな求人の紹介を受けます。

同タイミングで求職している人との競争になる可能性もありますので、慎重かつ勇気を持って応募先を絞り込んでいきましょう。

場合によっては、思うように求人を紹介してもらえないケースもあります。

その時はコンサルタントに事情を聞いてみてみるなど、意思疎通を深めてみてください。

STEP4:応募先を決定、選考対策をする

応募先が絞り込まれてきたら、いよいよ応募です。

応募先ごとに傾向が異なりますのでコンサルタントのサポートを受けながら書類・面接対策を磨きましょう。

適性検査を実施する企業もありますので抜かりなく、準備しましょう。

STEP5:選考に臨む

いよいよ選考です。基本的にコンサルタントを経由して日程調整をしますので安心してください!

現在はWeb面接をする企業も増えてきていますが、最終面談は出向くなど、企業によってスタイルが異なりますので、よく情報を確認しましょう。

STEP6:内定を獲得、条件交渉をする

無事に内定が出たら、条件提示を受け、内定を受諾するか検討します。

条件交渉は基本的にコンサルタントを経由して実施しますので、臆することなく気になることは質問して納得のいく結論を出してください。

STEP7:内定受諾後、現職の退職交渉、退職手続きをする

内定の意思を示したら、ついに現職の退職意思の伝達、対象手続きに移ります。

円満に退職できるよう、周到に準備をして進めましょう。

困った場合にはコンサルタントへ相談すると力になってくれますよ!

STEP8:入社の準備をする

退職の目処が立ったら、新しい職場で働く準備をします。

有給休暇を消化して早めに最終出社日を設定できれば、入社日までの時間を有効活用できますね。

【まとめ】30代以上で選択肢を広く持ちたいならマイナビスカウティング!

※マイナビのプロモーションを含みます

マイナビスカウティングは以下のような場合におすすめです!

  • 30代以上でキャリアアップを目指したい人
  • 求人選びに自信がなく、アドバイザーに頼りたい人
  • とりあえず転職活動を始めたい人(特に気になるエージェントがない)

口コミなどから見えてきた特徴はこのような感じです。

  • 求人の量と質が充実している
  • 転職エージェントを検索し、相談できる
  • 転職活動のサポートも充実している

最後は自分の目で見て確認してみてくださいね!

無料で会員登録をする
PR
error: 右クリックはできません。申し訳ありません。
記事URLをコピーしました