転職サービス
PR

ビズリーチの評判は?口コミと実際に利用した感想から注意点と活用術を解説!

yoshi2305
記事内に商品プロモーションを含みます
BIZREACH
会員登録してスカウトを受け取る

「ハイクラス向けっていうけど求人の質はどうなの」
「どんなエージェントがいる?」

ビズリーチ会員制のハイクラス求人・転職サイトです。CMでも見かけますよね。

キャリアアップを目指したい人はぜひ登録しておきたいサービスです!

ぼくも実際に転職で利用したのでそのときの経験も踏まえてビズリーチの特徴や注意点をまとめました。

最後まで読めば、ビズリーチの効率的な活用法や利用タイミングがわかり、無駄のない転職活動ができますよ!

よし
よし
優柔不断な経理マン
Profile
- 34才でブラック企業から転職
- 1社目は地方勤務で残業続き
- ただ仕事に追われて20代が終了
- 30才過ぎてから転職を決意
- 2社目は転勤なしでホワイト職場
- 残業は月40hr超から10hr未満に
- 簿記2級、米国公認会計士保有

PR
20代向け

ビズリーチの基本情報

求人数*19万件以上
経理財務・会計税務系:7,500件以上(マネジメント級含む)
対象メインは30代以上(20代も利用可能!)
料金無料(一部有料サービスあり)
対応エリア日本全国・海外
概要ハイクラス向け求人を豊富に取り扱う
・様々な企業やエージェントからスカウトを受けられる
・求人検索して自ら応募も可能
こんな人に
オススメ
年収やキャリアアップにチャレンジしたい人
自分の市場価値を知ってみたい人
自分のペースで転職活動を進めたい人
特徴・企業からスカウトを直接受けることができる
・キャリアアップを狙える求人が豊富にある
求人検索以外にも業界特集なども充実
注意点・会員登録には一定の審査がある
・転職エージェントのようなサポートは受けられない
転職の目的、キャリアパスを明確にしスカウトを見極める
求人件数は2024年1月時点

会員登録してスカウトを受け取る

ビズリーチの口コミは?

ビズリーチの口コミをまとめてみました。

ビズリーチの悪い口コミ

【悪い口コミ①】スカウトサービスが自分には合わなかった

スカウトからの連絡も多く、企業ではない転職エージェントからの連絡も結構多いので、その人達に会うだけでも大変でした。

すぐにでも転職面接を受けたい私にとっては、期待とかなり違っていました。

即戦力といってもかなりレベルの高い人向けだったのかも知れず、私には不向きだと分かりすぐにやめました。

みん評

【悪い口コミ②】審査が通っておらず放置されたままだった

利用者登録は出来ても、審査を通ってない場合は企業へ応募できない状態のまま放置されるようです。

高学歴・高収入の方には良いサイトなんだろうけど、日本人の平均年収程度の人間は相手にされないようです。

みん評

ビズリーチの良い口コミ

【良い口コミ①】レジュメ登録だけで企業から直接受けることができた

本気で転職したい人には絶対にお勧めできます。とにかく、情報量が多い点が何よりもお勧めのポイント。

私自身もビズリーチを使う以前からさまざまな転職サービスを利用しましたが、「これは」という求人にはたどり着けなかったのが現実です。

「プラチナスカウト」というサービスが、私にとっては特に魅力的に思えました。

自らの希望を入力して登録しておくだけでOKです。

そうすることで、企業の人事部などから直接メールなどでアプローチがあります

何かと忙しい私にはピッタリでした。

みん評

【良い口コミ②】キャリアアップを目指す転職に有利

よくCMで流れていたのでまずは登録してみました。

登録すると同時に様々なエージェントから連絡が来ました。

スタンダードプランでの登録だと金額はかかりませんが、多少の規制があります。

はじめのうちはお試しで有料プランを使用できるのでその間に転職を決められるといいのでしょう。この点は非常に気に入っています。

転職エージェントを自分で検索しなくても非常にやる気のあるエージェントがアプローチしてくれるので、その点では非常に利便性は高いです。

ハイクラスの案件がたくさんあるので、キャリアアップ転職をしたいと考えている方に対して非常に有利であると思います。

みん評

【良い口コミ③】求人が数多くあり業界情報なども充実

社会人として積み上げてきた経験と実績を、明確に評価してくれるところが魅力でした。

どういう人材を求めているのか、入社後に自分の長所を最大限に活かすことができるのか、所有している資格を有効活用できるのかなど、自身の今後の社会人としての可能性を広げてくれる求人が数多く掲載されていました。

転職活動を進めていく上で参考になる求人や業界の情報が豊富ですので、実際に応募する企業の判断材料として欠かせない情報がすぐに見つかるところが大きな強みでした。

みん評

口コミから見るビズリーチの特徴

良い口コミから見えてきたビズリーチの特徴はこんな感じ。

  • 企業からスカウトを直接受けることができる
  • キャリアアップを狙える求人が豊富にある
  • 求人検索以外にも業界特集なども充実

企業からのスカウトを直接受けることができる

ビズリーチの仕組みは、まず会員時に登録する職務経歴や希望条件などが企業の採用担当者や転職エージェントに公開されます。

求職者の情報を閲覧した採用担当やエージェントが、条件のマッチした人にスカウトメールを送ってくる、というものです。
個人名や連絡先、勤務先などは公開されないので安心して利用できます

そのため、これまでの経歴や保有資格などを武器にキャリアアップを目指したい場合は、実際に届くスカウトで自分の市場価値を肌で感じることができます。

もちろん、各方面から届くスカウトやオファーをしっかり見極めないと軸がブレてしまい、本来の転職の目的を見失ってしまいがちですので注意してくださいね!

あわせて読みたい
転職の軸がブレないためにすること4選
転職の軸がブレないためにすること4選

キャリアアップを狙える求人が豊富にある

ビズリーチはハイクラス向け求人にフォーカスしているので、待遇がよかったり、幹部候補としての求人も多くあります。

そのため、すぐにキャリアアップを望んでいなくてもキャリアアップの選択肢が広い企業にも出会えるでしょう。

今と似たようなキャリア・職務内容でも待遇がよくなるケースも見かけるので、転職を本気で考えるきっかけになるかもしれません。

求人検索以外にも業界特集などが充実

ビズリーチは専属の転職アドバイザーがついて転職活動をサポートする転職エージェントではなく、求職者と企業や転職エージェントを結びつける転職サイトです。

そのため、転職エージェントのような求人提案・選考対策といった専任担当者による転職サポートは受けられませんが、業界・企業の公募といった特集があったり、有料会員(プレミアムステージ)になればビズリーチアカデミーという転職希望者向けセミナーやキャリアコンシェルジュによる転職相談を受けたりできます

こういった有料サービスはいらない、という方は利用しない選択も可能です。

転職相談を申し込む

ビズリーチを利用する際の注意点

悪い口コミから、ビズリーチを利用する際の注意点をまとめました

  • 会員登録には一定の審査がある
  • 転職エージェントのような転職サポートは受けられない
  • 転職の目的、キャリアパスを明確にしてスカウトを見極める

会員登録には一定の審査がある

「審査が通っておらず、放置された」という口コミがありました。

ビズリーチは「会員制」のため、会員登録の後に審査を経て承認されると初めてサービスを利用できます

なので、会員登録ができたとしても審査に通っていない可能性もあるのでビズリーチからのメールをよく確認してみてください。

一つの指標として「現在の年収が500万円以上」がありますが、ある程度職務経歴があり、年収アップやキャリアアップを目指したい場合は職務要約を充実させて確実に審査をパスできるようにしましょう!

もし、年収の要件に関係なく転職サービスを受けたい場合は他のサービスを検討してみてください!

あわせて読みたい
MS-Japanは対応遅い?口コミから活用術と注意点を分析してみた
MS-Japanは対応遅い?口コミから活用術と注意点を分析してみた
あわせて読みたい
リクナビNEXTの口コミは?評判から活用術と注意点を分析!
リクナビNEXTの口コミは?評判から活用術と注意点を分析!

転職エージェントのような転職サポートは受けられない

「スカウトサービスが合わなかった」という口コミがありました。

ビズリーチは会員の職務経歴と希望条件をもとに企業や転職エージェントからスカウトやオファーをもらうスカウト型の転職サイトです。

なので、キャリアアドバイザーによる転職相談や求人の紹介、選考対策、日程交渉、内定後の条件交渉などを受けられる転職エージェントとはサービス内容が異なりますので、注意してください。

転職エージェントからもオファーをもらえるので、気に入ったエージェントが見つかればそのエージェントのサポートを受けることも可能です。

スカウトやオファーを見定めるのが面倒と感じたら転職エージェントも並行して利用してみましょう

あわせて読みたい
リクルートエージェントの口コミは?評判をもとに注意点と活用法を紹介!
リクルートエージェントの口コミは?評判をもとに注意点と活用法を紹介!

転職の目的、キャリアパスを明確にしてスカウトを見極める

スカウトやオファーを受けると思わぬ企業から声をかけられることもあります。

一方で、希望の職種・勤務地・条件でないスカウトも来ることもあるでしょう。
(中には宛名だけ書き換えているような定型的な文面もあります)

企業担当者や転職エージェントのオファーをきちんと見極めて、自分の希望に沿っているか、現在の不満を解消できるものを選択しましょう。

自分の親身になって話に乗ってくれる方が良いですよね。

あわせて読みたい
転職の軸がブレないためにすること4選
転職の軸がブレないためにすること4選

ビズリーチを使うのにおすすめな人

以上を踏まえ、ビズリーチにおすすめなのはこんな人です!

  • 年収・キャリアアップにチャレンジしたい人
  • 自分の市場価値を知ってみたい人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

ビズリーチは会員制のハイクラス向けスカウト型転職サイトです。

一部有料サービスがありますが、利用状況に応じてお試し用にチケットがもらえたりするので、無理に初めから課金する必要はないです。実際に使ってみて、必要に応じて期間限定で課金するのがオススメの活用方法です。

これまでの経歴を踏まえ、一つ上のステップに進みたい人にはぜひオススメです!

会員登録(無料)する

転職サービスは複数登録するのがおすすめ

転職活動するにあたっては、複数の転職サービスを利用するのがおすすめです。

エージェントにより求人の内容が変わったり、異なるコンサルタントからアドバイスを受けられるからです。

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判は?口コミから利用する際の注意点を紹介
アクシスコンサルティングの評判は?口コミから利用する際の注意点を紹介

ビズリーチを利用した転職の流れ

STEP1:会員に登録する

ビズリーチの公式HPから会員登録をします。

登録する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 連絡先(メールアドレス、電話番号)、現在の居住地
  • 現在の勤務先、勤続年数、職種
  • 最終学歴、語学、保有資格など

始めにメールアドレスの認証があります。基本入力と詳細入力(現職での経験や希望条件等)の2パートに分かれており、このタイミングで登録する情報をもとに審査が行われますので、可能な限り少し詳しく記載しておくと通りやすくなります。

登録情報は本会員になってからでも変更は可能ですが、勤務先や年収、保有資格などは正確に登録しておくことをオススメします。(会員のクラスが変わるため)

STEP2:専用ページよりスカウトを受ける・求人を検索する

数日後、審査が完了の通知を受けたら、まずは「マイページ」の「職務経歴書」から職務経歴書を登録し、充実させましょう

目安は少なくとも100文字以上、5年以上の社会人経験がある場合は400字以上を目標に書くと企業・エージェントにアピールできますよ!

応募書類にも流用できるので、箇条書きでも良いので順を追って経歴を登録しておくことをオススメします。(随時修正できます)

審査完了後には、求人の検索やプラチナスカウトの閲覧などができるようになります

プラチナスカウトの詳細な定義は開示されていませんが、いわゆる非公開求人に近いものだと個人的には考えています。

実際に利用していたときの感触としては有名企業やハイクラスな厳選された求人に多い印象です。

もし、転職エージェントから気になるオファーがあれば、面談などをするためにコンタクトをすることになります。

面談を実施する場合は、履歴書や職務経歴書を準備し、事前にコンサルタントへ提出しておくと面談がより有益になりますよ。

ここで注意したいのは、経歴や転職理由、希望条件は素直に伝えることです。

コンサルタントは僕たちの代わりに応募先との橋渡し役になって応募から入社までサポートしてくれます。

あとになって希望条件を変えたり、伝えていないことがあると信頼関係を失いかねません。

STEP3:応募先を決定、選考対策をする

応募先が絞り込まれてきたら、いよいよ応募です。

応募先ごとに傾向が異なりますが、抜かりなく準備を進めましょう。

ビズリーチの場合、公募の企業案件などはスタンダード(無料)プランでも応募可能ですが、求人検索で出てくるような企業にはプレミアムプラン(5,478円(税込)/30日)にならないと応募ができません

ただ、このプレミアムプランは無料体験ができたり、利用状況に応じプレミアムチケットがもらえますので、まずはここぞというタイミングで無料体験を利用してみてください。

チケットをもらえるまで待てないという時には1ヶ月限定で短期決算で課金してみるのもアリですよ!(正直、有料でもこのレベルの求人に触れられるならコスパ良いですよ)

STEP4:選考に臨む

いよいよ選考です。

現在はWeb面接をする企業も増えてきていますが、最終面談は出向くなど、企業によってスタイルが異なりますので、よく情報を確認しましょう。

STEP5:内定を獲得、条件交渉をする

無事に内定が出たら、条件提示を受け、内定を受諾するか検討します。

内定の通知に合わせて条件通知書が交付されますので、条件が希望に沿っているか最終確認しましょう。

ここで次の会社人生が決まりますので慎重に吟味し、気になることがあれば臆することなく質問して納得のいく結論を出してください。

企業によりますが、対面で条件説明の場を設けてくれますのでモヤモヤを解消できるように臨みましょう。

STEP6:内定受諾後、現職の退職交渉、退職手続きをする

内定の意思を示したら、ついに現職の退職意思の伝達、対象手続きに移ります。

円満に退職できるよう、周到に準備をして進めましょう。

STEP7:入社の準備をする

退職の目処が立ったら、新しい職場で働く準備をします。

有給休暇を消化して早めに最終出社日を設定できれば、入社日までの時間を有効活用できますね。

【まとめ】ハイクラス転職ならビズリーチ!

ビズリーチは以下のような場合におすすめです!

  • 年収・キャリアアップにチャレンジしたい人
  • 自分の市場価値を知ってみたい人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

口コミなどから見えてきた特徴はこのような感じです。

  • 企業からスカウトを直接受けることができる
  • キャリアアップを狙える求人が豊富にある
  • 求人検索以外にも業界特集なども充実

最後は自分の目で見て確認してみてくださいね!

まずは無料で会員登録!
PR
error: 右クリックはできません。申し訳ありません。
記事URLをコピーしました