転職サービス
PR

アクシスコンサルティングの評判は?口コミから利用する際の注意点を紹介

yoshi2305
記事内に商品プロモーションを含みます
企業別の選考対策もサポート!

「コンサルは新卒の時に諦めてたけど、やっぱり諦められない」
「事業会社での経理・財務や経営企画の経験をコンサルで活かしたい」

「業界未経験からのコンサル転職はハードル高い‥」とあきらめてませんか?

アクシスコンサルティングコンサル業界専門の転職エージェントです。

20年以上コンサル業界に特化してて、これまで約75,000人以上の転職志望者を支援してきています。

コンサル業界出身者だけでなく、異業種からのチャレンジやキャリアアップを目指したい人、またコンサルタントになったその後のキャリアパスも相談したい人にオススメです。

某外資系ファームや某国内系ファームで、シニアコンサルタント以上の入社実績数が全エージェント中、No.1なので(公式HPより)、コンサル業界目指す人は登録しておいて損はないですよ!

実際にアクシスコンサルティングを利用した口コミや評判をもとに注意点もまとめてますので、ぜひ読んでみてください。

よし
よし
優柔不断な経理マン
Profile
- 34才でブラック企業から転職
- 1社目は地方勤務で残業続き
- ただ仕事に追われて20代が終了
- 30才過ぎてから転職を決意
- 2社目は転勤なしでホワイト職場
- 残業は月40hr超から10hr未満に
- 簿記2級、米国公認会計士保有
PR
20代向け

アクシスコンサルティングの基本情報

求人数非公開
対象メインは20代から30代
料金無料
対応エリア関東・関西・名古屋・福岡
こんな人に
おすすめ
・コンサルティング業界を未経験から目指したい
現職での経験を活かしてキャリアアップしたい人
・大手ファームに万全の準備をして目指したい人
特徴・コンサル特化で積み上げた信頼に基づく独自求人
中長期目線のキャリア形成をサポート
応募先に合わせた選考対策の実施
注意点職歴や経験年数が浅いと紹介求人が限られる
・受け身にならず、懸念点は早めに解決する
無料でキャリア相談する
あわせて読みたい
My Vision(マイビジョン)の評判は?コンサル転職者の体験談から活用法と注意点を紹介
My Vision(マイビジョン)の評判は?コンサル転職者の体験談から活用法と注意点を紹介

アクシスコンサルティングの口コミ

アクシスコンサルティングの口コミをまとめてみました。

アクシスコンサルティングの悪い口コミ

【悪い口コミ①】希望の求人を紹介してもらえなかった

外資戦路コンサルティングファームの案件は紹介してもらえなかったことが不満でした。

こちらが確実に行けそうな案件しか紹介してもらえませんでした

私の経歴では、外資戦路コンサルティングファームは難しいだろうとは思っていましたが、他の転職エージェントでは、私の経歴でも外資戦路コンサルティングファームへの挑戦も可能だと言うところもあったので、少し残念でした。

イーデス

【悪い口コミ②】書類も面接も改善してもらえなかった

書類の添削や面接の練習がなかったのは残念でした。

書類にしろ面接の受け答えにしろ、何をしても何を言ってもひたすら褒められました。

自分では書類も面接も改善しなければならないと思っていたので驚きました。

転職エージェントを使わずに、個人で応募するよりは、転職エージェントを使ったほうが、裏で応募先ファームに推してくれるからだとは思います。

それにしても、あまりにも褒めることしかしないので、転職エージェントを使う意味があったのか謎です。

イーデス

アクシスコンサルティングの良い口コミ

【良い口コミ①】憧れのコンサル業の仕事に就けた

憧れのコンサル業最初はやや不安もありましたが、さすがにコンサルタント業界に特化したサイトというだけあって、業界についての詳しい情報を得ることができました。

また、採用確率を高めるための様々なアドバイスもしてくれたのは本当に助かりました。

無事に就職が決まり、高収入でやりがいのある仕事に就くことができて本当に良かったです。

みん評

【良い口コミ②】カウンセリングから内定後のアフターフォローまで充実のサービス

…求人はコンサルタント系に特化していて、プロフェッショナルを目指す人には目からうろこの求人がたくさん。…

自分に合う求人を探すのに希望条件などのカウンセリングをしてくれるから、親切でありがたい!


面接のアドバイスもしてくれて、退職する場合どうしたらいいかなど内定後のアフターフォローもしてくれるから至れり尽くせりだと感じた。

みん評

【良い口コミ③】中長期的なキャリアプランも提案してくれる

コンサルティング業界に強いエージェントです。

コンサルタントから別の職種への転職もサポートしているのがユニークです。

アドバイザーは私のこれまでのキャリアに基づき、中長期的なキャリアプランを提案してくれました。

コンサルティング業界に強いだけあって、提案内容は合理的で納得できる内容でした。

現在はこのエージェントに紹介された事業会社で経営企画担当マネージャーとして働いています。

単なる求人の紹介にとどまらず、キャリアプランに基づいて求人を紹介してくれましたので、非常に満足しています。

みん評

口コミから見るアクシスコンサルティングの特徴

良い口コミから見えてきたアクシスコンサルティングの特徴はこんな感じ。

  • 20年間コンサル業界特化で積み上げた信頼に基づく独自求人
  • 中長期目線のキャリア形成をサポート
  • 応募先に合わせた選考対策の実施

①20年間コンサル業界特化で積み上げた信頼に基づく独自求人

求人件数は非公開(一部はHPより閲覧可能)ですが、全体の約77%は非公開求人です。

各ファームのパートナーや事業会社のCxOとのつながりも強いので、独自の求人も多く保有しています。

②中長期目線のキャリア形成をサポート

コンサルタントになるための転職だけでなく、「さらなるコンサルタントとしての活躍」や「コンサルタントを卒業する」など、”その後”のキャリア形成も視野に入れて今の最適解を導いてくれるところも安心感が強いですよね。

平均サポート期間が3年であることを考えると、「転職して終わり」でないことが分かります。

③応募先に合わせた選考対策の実施

アクシスコンサルティングはこれまでに5,000人以上の現役コンサルタント、約75,000人以上の転職志望者を支援してきています。

また各ファームのパートナーや事業会社のCxOとのパイプも強く、採用動向にも熟知しています。

面接では論理的思考を問われるような質問もあり、応募先ごとの書類・面接対策もきめ細やかに対応してくれます。

アクシスコンサルティングを利用する際の注意点

悪い口コミから、アクシスコンサルティングを利用する際の注意点をまとめました。

  • 応募先にふさわしいスキルと経験をアピールする
  • 遠慮せず必要なサポートを求める

応募先にふさわしいスキルと経験をアピールする

「希望の業界の求人を紹介してもらえなかった」という口コミがありました。

コンサルタントが意地悪で紹介している訳ではありません。

自分のスペック(スキルや経験)を求人情報と照らし合わせ、さらに直近の採用動向や他の求職者との比較なども考慮して、「いまの自分」にふさわしい求人が紹介されるでしょう。

事実、弊社の平均転職支援期間は3年です。

本人のキャリアプランに照らし合わせ「今は転職する時間ではない」と判新した場合は、無理に転職を進めることはありません。

実際にご登録いただいた方からも

「転職は手段の一っというスタンスで面談いただいたため、本音で会話が出来た」

「他社の質がおしなべて低く、人生の転機についての相談をするに足る印象を得られなかったため応募保留にしていた企業が複数ありましたが、本日の面談を受けて貴社からの応募を考えるに到りました」

などの声をいただいています。

アクシスコンサルティング公式HP

コンサルタントとの面談において自分の希望業界を伝えたにも関わらず、思った求人が紹介されない場合は、その理由をコンサルタントに確認してみましょう。

自分のスキルや経験が足りないという事であれば、それが単なるアピール不足か、自分の実力がまだ追いついていないのか、見極めてみましょう。

「どこでも通用する力をつけたい」とコンサル業界を目指す人も多いです。早い段階からこの点を意識してスキルや経験を積み上げていきましょう。

遠慮せず必要なサポートを求める

「書類も面接も改善してもらえなかった」という口コミがありました。

もし、実際に仕上がりが良かったとしても、コンサルタントに褒めてもらってばかりでは、自信を持って選考に臨めないですよね。

応募書類や面接対策に不安がある場合は、納得のいくまでサポートしてもらえるよう、遠慮せず申し出てみてください。

アクシスコンサルティングは、業界各社との強いパイプをベースに企業ごとの採用動向を熟知しています。

企業のニーズに合わせた資料・面接対策ができるのはアクシスコンサルティングの強みです。

選考対策以外にも、コンサルティング業界の注目企業紹介やコラム、イベント情報、転職事例などの情報も豊富ですので是非確認してみてください。

アクシスコンサルティングにおすすめの人

以上を踏まえ、アクシスコンサルティングにおすすめなのはこんな人です!

  • コンサルティング業界を未経験から目指したい人
  • 現職での経験を活かしてキャリアアップしたい人
  • 大手ファームに万全の準備をして目指したい人

Big4などの大手ファームから、ベンチャーファーム、老舗の日系企業まで幅広くコンサルタント求人を扱いますので、効率よく求人探しができるはずです。

無料で会員登録

転職サービスは複数登録するのがおすすめ

転職活動するにあたっては、複数の転職サービスを利用するのがおすすめです。

エージェントにより求人の内容が変わったり、異なるコンサルタントからアドバイスを受けられるからです。

あわせて読みたい
My Vision(マイビジョン)の評判は?コンサル転職者の体験談から活用法と注意点を紹介
My Vision(マイビジョン)の評判は?コンサル転職者の体験談から活用法と注意点を紹介
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
リクルートダイレクトスカウトの口コミは?評判をもとに活用術と注意点を紹介!
あわせて読みたい
マイナビスカウティングって何?後悔しないためのポイントと注意点を紹介!
マイナビスカウティングって何?後悔しないためのポイントと注意点を紹介!

アクシスコンサルティングを利用した転職の流れ

STEP1:会員に登録する

アクシスコンサルティングの公式HPから会員登録をします。

登録する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 経歴の概要(学歴・経歴・職種)など

「経歴の概要」パートは、大まかでも良いので入力してみてください

STEP2:コンサルタントと面談する

後ほど、担当のコンサルタントから連絡が入りますので、面談を実施します。

面談で話し合うのは以下のような内容です。

  • 職務経歴の詳細
  • 転職活動の背景
  • 転職の希望タイミング(3ヶ月後・半年後など)
  • 希望条件

履歴書や職務経歴書を準備し、事前にコンサルタントへ提出しておくと面談がより有益になりますよ。

ここで注意したいのは、経歴や転職理由、希望条件は素直に伝えることです。

コンサルタントは僕たちの代わりに応募先との橋渡し役になって応募から入社までサポートしてくれます。

あとになって希望条件を変えたり、伝えていないことがあると信頼関係を失いかねません。

STEP3:求人の紹介を受ける

非公開求人から条件に合いそうな求人の紹介を受けます。

同タイミングで求職している人との競争になる可能性もありますので、慎重かつ勇気を持って応募先を絞り込んでいきましょう。

場合によっては、思うように求人を紹介してもらえないケースもあります。

その時はコンサルタントに事情を聞いてみてみるなど、意思疎通を深めてみてください。

STEP4:応募先を決定、選考対策をする

応募先が絞り込まれてきたら、いよいよ応募です。

応募先ごとに傾向が異なりますのでコンサルタントのサポートを受けながら書類・面接対策を磨きましょう。

適性検査を実施する企業もありますので抜かりなく、準備しましょう。

STEP5:選考に臨む

いよいよ選考です。基本的にコンサルタントを経由して日程調整をしますので安心してください!

現在はWeb面接をする企業も増えてきていますが、最終面談は出向くなど、企業によってスタイルが異なりますので、よく情報を確認しましょう。

STEP6:内定を獲得、条件交渉をする

無事に内定が出たら、条件提示を受け、内定を受諾するか検討します。

条件交渉は基本的にコンサルタントを経由して実施しますので、臆することなく気になることは質問して納得のいく結論を出してください。

STEP7:内定受諾後、現職の退職交渉、退職手続きをする

内定の意思を示したら、ついに現職の退職意思の伝達、対象手続きに移ります。

円満に退職できるよう、周到に準備をして進めましょう。

困った場合にはコンサルタントへ相談すると力になってくれますよ!

STEP8:入社の準備をする

退職の目処が立ったら、新しい職場で働く準備をします。

有給休暇を消化して早めに最終出社日を設定できれば、入社日までの時間を有効活用できますね。

【まとめ】コンサル業界への転職ならアクシスコンサルティング!

アクシスコンサルティングは以下のような場合におすすめです!

  • コンサルティング業界を未経験から目指したい人
  • 現職での経験を活かしてキャリアアップしたい人
  • 大手ファームに万全の準備をして目指したい人

口コミなどから見えてきた特徴はこのような感じです。

  • 20年間コンサル業界特化で積み上げた信頼に基づく独自求人
  • 中長期目線のキャリア形成をサポート
  • 応募先に合わせた選考対策の実施

最後は自分の目で見て確認してみてくださいね!

無料で会員登録をする
PR
error: 右クリックはできません。申し訳ありません。
記事URLをコピーしました